ヴィンテージとはどう違うの?

アメリカでは明確に法律で区別されている

新品以外の商品として、中古、リサイクル品、新古品などの言葉があります。中古とリサイクル品は同じような言葉ですが、新古品は型が古いだけなので中古とは別扱いされます。古い家具などではアンティークと呼ばれたりヴィンテージと呼ばれたりするものが売られています。見た目などはあまり変わらないような気がしますが何か違いがあるかです。アメリカであれば、法律によって明確に区分されているようです。100年以上経過したものをアンティークとみなすとしていて、それ以外の古いものをヴィンテージと呼ぶようです。アンティークはラテン語でオールド、古いを意味する言葉になります。おおむね25年から100年までのものがヴィンテージといえるでしょう。

中古販売業者の中で区別をしている

アンティーク家具は非常に人気があり、特に海外ではそれなりに取引がされています。ヨーロッパで古くに作られたものが多くあり、市場でも取引されています。古いかどうかよりも、デザインなどが良ければ高く取引されるときもあります。アンティークの言葉以外にヴィンテージやレトロ、オールド等の言葉もあります。あまりかい慣れていない人には区別がつかないかもしれません。業者ごとで区別をするための基準を設けているときがあり、ある業者では20年以上前のものをヴィンテージとするとの規則を設けています。レトロは実際の古さだけでなく、その時代に似せて新しく作られたレプリカなども含める時があります。アンティークはどの業者でもかなりの古さを求め、100年以上古いものにしているところが多いです。